シンガポールに移住する理由

現在、梶原吉広さんはシンガポールを拠点に仕事をしています。

シンガポールには毎年、数千人の日本の富裕層が移住してくるようです。

ここではその理由をご紹介しています。

ただいま、シンガポールには3万人前後の日本人が在住していて、ほとんどは企業の駐在員ですが、移住してくる人たちが急増しているようです。

数年前までは、富裕層が引退後に、快適な生活環境と低い税制を求めて移住してきたようでしたが、近年では30代、40代の起業家たちが、移住をしてきているようです。

その中に梶原吉広さんも含まれるわけです。

彼らがシンガポールに移住する理由には、税金が低いこと、また金融業の規制が少ないこと、またシンガポールの金融インフラの充実があります。

またIT起業家がシンガポールに移住する別の理由として、ベンチャー企業への投資をする際に、シンガポールの重要性が高まっているようです。

シンガポールは、人、モノ、お金、情報が集まっている場所なので、シンガポールに移住することで、すぐに情報を集めることができるというメリットがあります。

IT起業家は、自分の会社を大企業に買収してもらい、そこで一定の資産を持つようになると、今度は自分が投資家になり、ベンチャー企業に初期資金を提供します。

IT業界の情報に精通した人であれば、有望な企業を見極めやすく、投資がしやすいのです。

そのような意味でもシンガポールのIT業界はこれからですので、魅力的な場所と言えます。

梶原吉広さんもきっとその関連の仕事をしておられるのでしょう。