4月
2018

アグネスは可能性ニキビにも効果あり?

化膿性ニキビは、アグネスのニキビ治療で完治はできますが、施術後のケアや過ごし方が少し違ってきます。

アドバイスを含めお話しておきましょう。

■放置できない緊急性の高いニキビ。

化膿してしまったニキビは、放置しておくとますます重症化します。

またコメドと呼ばれる白ニキビ、黒ニキビは、化膿性ニキビの前兆でもあります。

そのままにしておくと化膿ニキビになることが多くあるため、早めの治療をおすすめします。

化膿性ニキビは肌に与えるダメージが大きく、やり過ごしてしまう期間が長くなるほど治療にも余分な時間が必要になります。

■化膿性ニキビは治療後のケアが大事。

化膿性ニキビはアグネスの療法を用いても、治療後しばらくは赤みがつづくことがあります。

また治療による浸出物が溜り、肌表面に流れ出てくることもあります。

人によって、赤みが強く出ることもあります。

後遺症ではないので安心してください。

浸出物はガーゼで軽く押し当てるなどして拭き取れば大丈夫です。

強く擦ったり、顔を洗いすぎたりするのは厳禁です。

医師の指導に従ってください。

■化膿性ニキビは他のニキビにくらべると、施術後のケアと治まる期間が長くかかります。

治療予定日は慎重に決めましょう。

普通のニキビ治療は、即日から支障なく仕事に向かい日常生活を送れますが、化膿性ニキビは医師から、治療後1週間は、大事な用は控えるように言われます。

出勤や化粧についてなど、担当医に相談をしアドバイスをもらいましょう。

▽こちらも一緒にCheck・・・ニキビの上から化粧はアリ?ニキビ肌のメイクのコツと化粧品の選び方